アプリレビュー 詳細

Card2Phone

iPhoneアプリ

デベロッパ-:Halskov

カテゴリ-: エンターテイメント

価格: 無料

言語:日本語

レビュー端末:iPhone4S

今日から君もマジシャンだ!

written by xyz

今なら無料でマジックができる!

<アプリ概要>

Card2Phoneは一言で言うと、iPhoneを使った簡単なマジックが出来るアプリです。
今なら無料配布中です。
Card2Phone_img1Card2Phone_img2
このアプリ、上の画像のように日本語は未対応※1。
加えて、最初に何をすればいいのか、いまいち分からないかもしれません。
でも、大丈夫。このレビューでは、Card2Phoneの使い方を「すべて日本語で」解説します。
さぁ、今日から君もマジシャンだ。

※1:2013年1月18日現在

<レビュー>

Card2Phoneのアプリを起動してみましょう。
下が、Core2Phoneのトップ画面。
ボタンの名前から思わず「Start Trick」を押したくなりますが、ぐっと我慢。
まずは、実際にマジックをしている映像を見てみましょう。
Card2Phone_img1
App Guideから、Show Videosを選んでください。
Coin Routineを選べば、コインを使ったマジックを見ることができます。
Card2Phone_img3
Card2Phone_img4
Card2Phone_img5
Card2Phone_img6
どうです?わくわくしませんか?
画像だとわかりずいらいですが、あたかもコインがiPhoneの中に吸い込まれたかのように見えるはずです。ですが、これはマジックです。タネも仕掛けもあります。
そして重要なことは、このアプリを使えば、あなたにだって同じことができるということです。

最後まで見ればタネも出ています。タネは案外単純です。
アプリの役目は、画像の上にコインの絵を表示するだけ。
画像がホーム画面のスクリーンショットなので、
まるでiPhoneの中にコインが入ったように見える訳です。
下は、500円玉を画像(ホーム画面のスクリーンショット)の上に表示しているところです。
Card2Phone_img7
さて、このアプリは全編英語です。が、難しいわけではありません。
実はたったの3ステップでさっきのことができます。

1:背景画像の作成、設定
2:オブジェクトの選択
3:start trickを押して、マジックスタート!

ホーム画面の画像が1:背景画像に、コインが2のオブジェクトに対応しています。
さて、対応関係がわかったところで、実際にやってみましょう。

1:背景画像の作成、設定

背景画像は、ホーム画面のスクリーンショットにしましょう。
iPhoneでのスクリーンショットの撮り方を知っていますか?
ホームボタンと、端末右上のボタンを同時押しです。
撮りましたか?撮りましたら、Card2Phoneeトップの backgroundを押しましょう。
背景画像を設定できます。トップが右下の画像のように設定されていればOKです。
Card2Phone_img8 Card2Phone_img9

2:オブジェクトの選択

次は、オブジェクトの選択です。
Card2PhoneトップのObjectを押しましょう。

ここで、マジックで使うオブジェクトを指定します。さっきの例だとコインですね。
注意しなければならないのは、”実際に持っているもの”を指定することです。
なので日本人だと、トランプや日本の硬貨などを選びたいところです。
今回は、500円玉を選びました。下のように設定されていればOKです。
Card2Phone_img10 Card2Phone_img11

3:start trick!

さぁ、準備が終わったらいよいよマジックの開始です。start trickのボタンを押しましょう。

下のようにbackgroundで指定した背景画像が表示されています。
この状態で、iPhoneを下に振ってみてください。500円玉が出てくるはずです。
出てきた500円玉は触って操作することもできます。
Card2Phone_img7
アプリのサポートはここまでです。あとは、コインがiPhoneに入ったかのように見せましょう。
あなたの腕の見せ所です。

なお、start trickの画面で、素早く3回タップすれば、トップに戻れます。

いかがでしょうか?すぐにできるようにはなるとは言えませんが、練習すればマジックできるようになるのではないでしょうか?一風変わったこのアプリ、今なら無料です。ぜひ、試してみてください。

Card2Phoneをダウンロードする

QRコード
iphoneダウンロード