アプリレビュー 詳細

青空文庫ビューア Ad Ver.1.1.1

Androidアプリ

デベロッパ-:yagi

カテゴリ-: ブック

価格: 無料

言語:日本語

レビュー端末:Xperia

“といふ事は、今は古典ともいえる文学黎明期の小説を自由に読むことが出来るのぢゃ。”

written by sum

まだ経験の浅いレビュアーの私です。
幾つかのアプリのレビューを行っていると、青空文庫の名前が繰り返し出てきていました。
なんとなく、著作権切れの作品を無料公開しているとは思っていました。
アンドロイドアプリの検索の中に青空文庫ビュアーを見つけて、
今回のレビュー対象とさせていただきました。
ずいぶん有名だったのですね。失礼しました。

現在は携帯可能な表示端末が普及していますので、
青空文庫の存在が一層価値あるものになってきたと思います。
否、むしろ青空文庫が携帯表示端末(スマートフォン)の価値を高めていると思う方が正しい。



本題に入ります。
青空文庫は著作権の期限切れ、または権利が放棄された著作物を無料で公開しています。
といふ事は、今は古典ともいえる文学黎明期の小説を自由に読むことが出来るのぢゃという事です。
(ちょっと古典的な言い回しにしてみました、あしからず)

これ以上の説明は不要ですね。画面の説明に入ります。





画像1:最初のメニュー



画像2:お勧め50のリスト



画像3:しおり
途中まで読んでいる小説のリストです。

選択するとその途中のページから表示されて、
そのまま続きを読む事が出来ます。



画像4:作家名から選択のリスト



画像5:作品名から選択のリスト



画像6:ランキングリスト



画像7:設定メニュー



・表示設定: 文字サイズ、行間、文字色、フォント種類、背景色の選択
・初期化:読みかけの一時保存データやしおりデータをリセットする様です。
・使い方:使い方の説明です。
・広告を消すには:無料版は広告の表示がでる時があるようです。
それが嫌なら有料版をどうぞ。

操作は説明を必要としないほどわかりやすくて、良く出来ていると思います。
一点だけ、操作性について。
ページ送りがページ毎に段階的に進むのですが、
その時によみ飛ばしが起こっているような感じがする為、
連続的な滑らかな動きにしてほしいと感じるのは私だけでしょうか?

青空文庫ビューア Adをダウンロードする

QRコード
Androidダウンロード