アプリレビュー 詳細

スイと影・1部 Ver. 1.17

iPhoneアプリ

デベロッパ-:B hive, Inc.

カテゴリ-: ブック

価格: 無料

言語:日本語

レビュー端末:iphone5c

 そりゃだって・・・私生活を洗いざらい

written by sum

本当はママは死んではいない

<アプリ概要>

韓国在住のジンジャー・リー氏による
異色モノクロコミックのブックアプリです。
モノクロとはそのまま「白黒」タッチを示す意味です。

父子家庭に育つ小学生の女の子(スイ)に付きまとう
不気味な影と転校先の教師や生徒たちとの関係を
独特なモノクロのタッチで描く漫画アプリです。

ご想像のとおり元気で活発な子供たちの学園物語ではありません。
ホラーなのか、友情物語なのか?、シリアスな描写に嵌ってしまいます。
続編は有料ですがきっと読んでしまうでしょう。
スイと影・1部pic0

<レビュー>

転校先の教師との面談での会話です・・・
スイと影・1部pic1
「母親は私が4歳のときに・・」
と言葉を濁し面談の教師に母親は亡くなっているとの誤解を誘導します。
教師の反応は・・
「おっと、余計な事を聞いちゃったかな?」
自分でいう訳ではありませんからウソではありません。
面談でそんな風に応える醒めた小学生の女の子なのです。
スイと影・1部pic2
スイの心の中の思いは
「たまに哀れんでくれる人がいる
本当はママは死んではいない・・・・
どうして嘘をつくかって?
そりゃだって・・・私生活を洗いざらい
話すなんてイヤだもん。」

「ママとお父さんは、私が4歳のときに離婚した
4歳の子供に何がわかるかって?」

「とんでもない私なりにすごく傷ついたもの。
その上こうやって傷をえぐる人がいるもんだから
傷はふさがるどころかどんどん広がってゆくばかり。」
スイと影・1部pic3 スイと影・1部pic4
こんな暗い子供はきっと新しい学校では苛めに晒されるに決まっています。

シナリオの流れは不気味な影が登場して、どんどん深刻味を増して行きます。

いつのまにか自分自身がこの世界観にどっぷりと入り込んでいます。
この先の展開が読みたくて手放せなくなってしまいました。
スイと影・1部pic5
不気味な影に悪意はあるのか、それともただの影なのか?
まずは無料の第一部からどうぞ。


スイと影・1部をダウンロードする

QRコード
iphoneダウンロード