アプリレビュー 詳細

音声エディタ Ver.1.3.0

Androidアプリ

デベロッパ-:patorash

カテゴリ-: ユーティリティー

価格: 無料

言語:日本語

レビュー端末:Xperia

使ってみました音声エディタ、文章の一気入力。

written by sum

音声認識技術が実力を着けて来て、だんだん実用の可能性が見えてきました。
語彙の背景にある感情を読み取る必要のある会話で無くて、
テキストエディタとしてなら使えそうです。
そこで今回は細かな操作の説明は前回のレビューやダウンロードサイトに任せて、
再レビューとして文章の一気入力をやってみました。



例文その一
*************
走れコータロー
スタートダッシュで出遅れる
どこまで行っても離される
ここでおまえが負けたなら
おいらの生活ままならぬ。
走れ走れコータロー
本名穴馬かき分けて
走れ走れコータロー
追いつけ追い越せひっこ抜け。
**************



【一気入力】
途中で変換の修正等の手をあまり加えず連続的に入力した後に改行を加えた結果です。
この時は音声入力ボタンを何度もタップするので、
左上の角の配置では右手だけの入力が難しく感じました。
(一気入力とはいえ途中で文字への変換を挟む必要は有ります)

本文中のコータローは幾度かやり直してもひらがなになってしまい、
結局題名のコピーを使いました。



例文その二
******************************
吾輩は猫である。名前はまだ無い。
どこで生まれたかとんと見当がつかぬ。
何でも薄暗いじめじめした所で
ニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。
吾輩はここで初めて人間と言うものを見た。
しかも後で聞くとそれは書生という
人間の中で一番同獰悪な種族であったそうだ。
******************************



【変換候補選択機能off】
これもあまり個別に手を加えず改行のみ追加入力した結果です。
ところどころで変換ミスが残っています。
私の発音の悪さもあるのですが。。。。
ニャーニャーをにゃんにゃんと勝手に解釈されています。
私は「女性」とは言っていません。
変換処理の勝手な思い込みを感じます。
日常ならばこれで良いのでしょうが、
古典的な文章にはズレを感じます。





【変換候補選択機能on】
変換候補の選択機能を有効にして入力しました。
変換候補の選択機能設定は
右下メニューボタン、「その他」->「設定」->「入力候補の表示」
で設定できます。

選択で明らかな誤りを都度素早く除去できるので、
文章の崩れが少なくなります。
変換の修正が一部必要ですがメール程度の文章ならば実用に耐えそうです。



スマートフォンで文章入力として使うならば使えそうです。
但し周囲に誰もいない所で。

音声エディタをダウンロードする

QRコード
Androidダウンロード