スマホニュース

日用品の注文はワンプッシュ!「Amazon Dash Button」

2016年12月06日

小型端末で押すだけ注文!「Amazon Dash Button」が上陸
Amazon.co.jp(アマゾンジャパン合同会社)は5日、自宅のWi-Fi経由でインターネットに接続し、必要な時にボタンを押しさえすれば、対象の日用品をすぐに再注文できるようにする小型端末「Amazon Dash Button」を日本国内で販売開始すると発表した。プライム会員向けサービスとして提供される。

「Amazon Dash Button」は、昨年米国で先行発売が開始されていたもの。オーストリアやベルギー、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、英国でも順次サービスがスタートしていた。「1-Click」注文機能が、PCやスマートフォンでのショッピングカート画面立ち上げも省略して利用できるような小型端末で、洗剤やシャンプー、ミネラルウォーター、シリアル、おむつにペットフードなど、日常的に消費する物の備蓄を常に気にしたり、買い忘れて困ったりといったイライラや心配を解消できる。

サービス開始時点で、700種類以上の有名ブランド日用品商材向けに、40種類超のラインアップが揃っており、個々にそのブランドステッカーを貼り付けたようなデザインになっている。ユーザーは、商品を使用するキッチンや水回りスペースに、この「Amazon Dash Button」を置いておき、備蓄が少なくなってきたと感じた時にボタン部分をワンプッシュすれば、それだけで再注文を完了することができる。

価格は500円(税込)で、プライム会員のみが購入可能。「Amazon Dash Button」を使って商品を注文すると、Amazon.co.jpで実際に購入した初回注文の金額から500円相当が差し引かれるため、実質無料で端末提供を受けることができる仕組みとなっている。

メーカー向けのクラウドサービスもあわせてリリース
「Amazon Dash Button」の設定は、まず自宅のWi-Fiネットワークに接続し、手持ちのAndroid/iOS端末でAmazonショッピングアプリを通じ、そのブランドの再注文したい商品を選択・登録すると完了する。

プライム会員向けに提供されている「お急ぎ便」など各種配送特典の利用も可能で、ボタンをプッシュして注文すると、注文商品の内容、予定配送日、価格の確認通知がユーザーのアプリへと通知される。注文内容に誤りがあれば、この時点で変更・キャンセルを行うことも可能だ。

「Amazon Dash Button」には、さまざまな生活シーンに溶け込む端末となるよう、場所に応じてつるしたり、接着したり、安定的に置いておける再利用可能な接着テープと、取り外し可能なフックも同梱される。

またAmazon.co.jpでは、機器メーカー向けに提供するクラウドサービス「Amazon Dash Replenishment」もあわせてリリースした。メーカーは、提供される簡単なAPIを用い、自社のインターネット対応機器とAmazonのクラウドサービスをつないで、その機器において消費される商品がなくなりかけた時、Amazon経由で該当商品が自動再注文されるような仕組みを構築することができる。

たとえば炊飯器が炊飯回数や合数を検知してお米を調達したり、プリンターがなくなりかけたインクを再注文したりするようにでき、商品ユーザーが消耗品の交換時期に気づく前に、必要な商品が届けられるといったことも実現できるとされる。

こちらには、アイリスオーヤマ株式会社、エレコム株式会社、シャープ株式会社、船井電機株式会社、三菱レイヨン・クリンスイ株式会社などがすでに参画し、連携に向けた取り組みを開始しているという。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

アマゾンジャパン合同会社によるプレスリリース(PR TIMES)
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000641.000004612.html

Amazon.co.jp プレスリリース
https://www.amazon.co.jp/

「Amazon Dash Button」
https://www.amazon.co.jp/

提供元: ネットベンチャーニュース