スマホニュース

演奏投稿動画を高音質に!ローランドがスマホ向けオーディオ・ミキサーを発表

2017年01月06日

手のひらサイズの「GO:MIXER」があなたの「歌ってみた」を高音質に!
ローランド株式会社は5日、スマートフォンで楽器演奏や歌唱動画を撮影する際、音と動画を高品位かつ手軽に同時収録することができる、スマートフォン向けの小型オーディオ・ミキサー「GO:MIXER」を発表した。発売は3月を予定し、オープン価格となっている。

昨今はスマートフォンの動画機能やアプリが年々充実してきており、YouTubeをはじめとする動画共有サイトやSNSに、自分の演奏・歌唱を撮影した動画を手軽に高画質で投稿できるようになった。しかし、スマートフォン内蔵のマイクを用いて撮影すると、周囲の雑音や音の歪みなどの影響から、その場のリアルな音、クリアな音質が損なわれやすく、高音質で収録するには、映像と別に音を録音して合成するといった編集作業が必要だった。

「GO:MIXER」は、こうした手間をなくし、スマートフォンでも手軽に高音質なプレイ動画を撮影・収録できるようにしたもの。手のひらサイズの「GO:MIXER」本体にマイクやギター、キーボード、音楽プレーヤーなどを接続し、音量調節を行うだけで、簡単に高音質な録音が行える。楽器やマイクといった入力機器は、同時に最大5つまで接続可能だ。マイク、ギター/ベース、キーボード(L/R)、LINE IN x 2(ステレオ/ミニ)をサポートする。

ギターとマイクを用いた2chの弾き語りミキシングはもちろん、キーボードや電子ドラム、音楽プレーヤーも加えたバンドミキシングも行える。音楽プレーヤーの楽曲に自分の演奏をミックスし、自撮り動画を作成したり、リハーサルスタジオでのバンド演奏動画を収録し、直接YouTubeやSNSへ投稿したりすることが可能になる。

センター・キャンセル機能も搭載、カラオケ動画に最適
また、ボーカルの自撮り録画などの収録時に便利なセンターキャンセル機能も搭載しており、音楽プレーヤーで曲を再生しながら、中央に定位するボーカルパートの音量を下げ、カラオケ感覚で自分の歌唱動画を作成することもできる。

iOS 10以上のiPhone/iPadと、USBマイクロBタイプ接続端子、USB-OTG機能をサポートするAndroid 6.0以上のAndroid端末に対応。本体のほか、iOS向けのLightningとAndroid向けのUSB-OTGのケーブル2種類を同梱する。

手軽に持ち運び、どこでも使える縦95mm x 横95mm x 高さ28mm、重さ100グラムの軽量・コンパクト設計で、USBバスパワーで駆動する。スマートフォンに接続すればすぐに利用でき、煩雑なドライバー・インストールなども一切必要ない。

ローランドでは初年度販売台数として、国内・海外をあわせ13,000台を見込んでいる。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

ローランド株式会社 ニュースリリース(プレスリリース)
https://www.roland.com/

提供元: ネットベンチャーニュース