スマホニュース

カード不要!スマホアプリだけで現金入出金ができる「スマホATM」

2017年03月27日

「じぶん銀行」アプリのサービスとして27日リリース
株式会社じぶん銀行は23日、3月27日より新サービスとして「スマホATM」の提供を開始すると発表した。キャッシュカードを用いることなく、手持ちのスマートフォンを用い、専用アプリからすぐにATMの現金入出金が行える。

このサービスはじぶん銀行と、株式会社セブン銀行が協力して提供されるもの。全国に23,000台以上あるセブン銀行ATMを用いて取引する。三菱東京UFJ銀行とKDDIが共同設立したインターネット銀行である「じぶん銀行」に円普通預金口座を保有するユーザーであれば、誰でも利用可能だ。

利用する際は、まず「じぶん銀行スマートフォンアプリ」をダウンロードする。アプリはiOS、Androidに対応しており、それぞれApp Store、Google Playから無料で入手できる。「スマホATM」の利用を開始する前に、アプリを初めて利用する場合は、「スマホ認証サービス」の申し込み手続きが必要となる。

このスマホ認証はトランザクション認証機能を導入しており、不正送金などを防止する強固なセキュリティ性を有している。そのため、パスワードやカードを用いることなく、安全な銀行取引が実現できる。認証申し込みは、アプリにログインしてメニューから「スマホ認証申込」を選択、利用規約を確認の上、カード裏面の確認番号や携帯電話番号といった必要事項を指示に従って入力し、初期設定を実行すればよい。

リリース記念のお得なキャンペーンも!
設定が完了すれば、アプリが利用可能となるため、「スマホATM」によるセブン銀行ATMでの現金入出金も行えるようになる。ただし初回のみ起動時に利用登録が必要で、アプリにログインし、「スマホATM」を選択の上、表示される利用規約を確認・同意することが求められる。

現金を引き出したいときは、アプリを起動してログイン、「スマホATM」のメニューで「出金」を選択し、任意の金額を入力する。次にATM機器の「スマートフォン出金・入金」メニューを選ぶと、QRコードが表示されるので、これをスマートフォンのカメラで撮影、読み取らせて送信する。するとじぶん銀行の企業番号である「8333」が表示されるので、ATM機器にこの番号と口座の暗証番号を入力、確認すると指定した金額の現金を受け取れる。

入金の場合もほぼ同様で、企業番号を入力した後、ATM画面の指示に従い紙幣を入れて確認ボタンを押せば、預け入れを完了できる。利用はシステムメンテナンス時などを除き、原則24時間365日いつでも可能だ。なお、振込みには対応していない。

3月23日の発表時点で、利用手数料は入金の場合一律無料、出金の場合ステージごとの上限回数まで無料、それ以降は1回あたり108円とされている。出金の手数料無料回数は、キャッシュカードでの取引と合算になるため注意したい。

じぶん銀行では、サービスのリリースを記念し、27日から「スマホATMスタートキャンペーン」も実施する。4月30日までに「スマホATM」を用いた現金の入出金を行うと、登録メールアドレスにセブン-イレブンで利用できる無料クーポンのURLが届く。URLをクリックしてスマートフォンにバーコードを表示させ、店頭で会計時に示すと、セブンプレミアムのスナック商品「カリカリコーン」が無料になる。

クーポンには引換期限があるが、利用者全員にプレゼントされるという。ただしクーポンの入手は、キャンペーン期間中1口座につき1回までとなる。

ほかに、4月1日~7月31日まで「若者応援キャンペーン」として、25歳以下で4月以降に口座開設を行ったユーザーを対象に、5月以降も毎月「スマホATM」を利用すると、セブン-イレブン商品と引き換えられる同様の無料クーポンを各月1回プレゼントするキャンペーンも実施される。

(画像は「スマホATM」案内ページより)


▼外部リンク

じぶん銀行 発表資料
http://www.jibunbank.co.jp/2017/0323_01.html

「スマホATM」 サービス案内ページ
http://www.jibunbank.co.jp/service/smartphone_atm/

「スマホATMキャンペーン」 詳細案内ページ
http://www.jibunbank.co.jp/

提供元: ネットベンチャーニュース