スマホニュース

宅配問題の救世主になるニャ?「ロボネコヤマト」

2017年04月17日

自動運転での配送を見据える「ロボネコヤマト」の実証実験開始
株式会社ディー・エヌ・エーとヤマト運輸株式会社は16日、将来の自動運転社会を見据えた次世代物流サービスの実現を目指す「ロボネコヤマト」プロジェクトの実用実験を開始すると発表した。国家戦略特区である神奈川県藤沢市の鵠沼海岸、辻堂東海岸、本鵠沼エリアを対象に、2017年4月17日~2018年3月31日の期間で実施する。

今回の実験では、まず車内に保管ボックスを設置した専用EV車両を投入、顧客が任意の時間、任意の場所で荷物を受け取れるオンデマンド配送サービスの「ロボネコデリバリー」と、地元商店の商品をインターネット上で一括購入し配送してもらうことができる、買物代行サービスの「ロボネコストア」を展開する。

対象エリアに居住する人ならば誰でも利用可能だ。将来的に自動運転の導入による配送サービスを想定しているが、実験では原則、ドライバーによる有人運転を行う。ただしドライバーは荷物の発送や受け取りに関与せず、サービス利用者が直接荷物を車両から取り出すかたちをとるという。

ドライバー不足や再配達問題の解消と利便性アップを目指して
「ロボネコデリバリー」では、毎日8:00~21:00の配送対応時間で、任意の時間、任意の場所で荷物を受け取れる。スマートフォンやタブレット、PCから「クロネコメンバーズ」への会員登録を行い、専用ページで希望する日時と場所を指定すればよい。

時間は10分刻みとごく細かく指定可能で、場所も最寄駅や職場など、対象エリア内であれば自宅以外でも自由に指定できる。冷凍・冷蔵のクール便にも対応し、荷物到着予定時刻の3分前には、スマートフォンなど利用者の端末に自動音声で通知、指定した場所に行き、利用者自身が保管ボックスを開けて自分の荷物を受け取るものとなる。

一方、買物代行サービスの「ロボネコストア」は、インターネット上に設けられた仮想モールから店舗を選び、商品を選択、配達車両からまとめて受け取ることができるもの。参画する複数の地元商店の異なる商品を、自宅や外出先にいながら、好きな組み合わせで一括して注文し、受け取ることができる。各種デバイスから専用ページにアクセスし、無料会員登録を行って希望商品を選択、決済はクレジットカードで行う。

「ロボネコデリバリー」同様、冷凍・冷蔵品にも対応し、受け取り場所を指定すると、到着予定時刻がスマートフォンを通じ、リアルタイムでチェックできるようになる。指定場所に着いた荷物は、やはり利用者が自分で保管ボックスを開けて取り出す。

対応時間は8:00~21:00で、対象店舗の営業時間に準ずるものとなり、店舗としては本鵠沼商店街、鵠沼海岸商店街、プチモールひがし海岸などの地元商店街を中心に、約20店舗が参加する予定という。実験期間中の利用料金は、注文総額が3,000円未満の場合324円、3,000円以上の場合は無料となっている。

ディー・エヌ・エーとヤマト運輸によると、2018年をめどに、一部配送区間では自動運転も導入することを予定しているそうだ。実験を通じ、サービス受容性の検証や、利用時の細かな要望収集などを行うといい、次世代物流サービスとしての実用化を目指す。昨今深刻化する社会問題としてクローズアップされた、ドライバー不足や再配達問題の解決策としても、今後が期待される。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

株式会社ディー・エヌ・エー/ヤマト運輸株式会社 ニュースリリース(プレスリリース)
http://www.yamato-hd.co.jp/news/h29/h29_06_01news.html

「ロボネコヤマト」プロジェクト 特設ページ
https://www.roboneko-yamato.com/

提供元: ネットベンチャーニュース