スマホニュース

Skypeがサービスを大幅刷新!新時代へ

2017年06月04日

よりシンプルに、快適に!日々の自然なコミュニケーションをサポート
米MicrosoftのSkype Teamは現地時間の6月1日、「Skype」サービスの大幅刷新を行うことを発表した。刷新内容を反映した最新版は、まずAndroid端末向けで提供が開始されている。今後iPhone向け、Windows向け、Mac向けと、順次数カ月中に対応が進められる予定だ。

新しくなった「Skype」は、よりシンプルで快適に、グループチャットを共有体験に変えること、現代の自然なコミュニケーションを支えるプラットフォームとなることが強く意識されており、UIも大きく改変された。カラーやグラデーション、太字、アクティビティを示す波線などが多用された画面デザインは、豊かな表現でコミュニケーションを自由に楽しめるポップさを演出する。

画面デザインは好きなカラーを選んでカスタマイズでき、会話中など、あらゆる相手の投稿にエモーティコン(顔文字)でのリアクションを返せるようになった。タップひとつで簡単にいつでも感情を伝えられる。スワイプするだけでカメラを起動でき、ビデオ通話でもエモーティコンの利用が可能、オーバーレイ表示による大きな表示を一時的に行わせたり、自分の画像背景色を選択したりすることもできる。

「ストーリー」的「Highlights」機能や多彩なボット&アドイン機能も
Facebook Messengerの「ストーリー」機能を意識した「Highlights」機能が追加搭載された点は、大きな改変点だ。「Highlights」機能を使えば、写真や動画をまとめて投稿し、共有したい相手やグループ間に公開できる。投稿コンテンツは7日間残すことができ、その後は消えるスタイルとなる。日常の様々なシーンをカメラやビデオでとらえ、親密な間柄の人たちと気軽に共有するというトレンドに対応した。

こちらにも手軽な絵文字でのリアクションが可能で、プライベートなチャットではテキストによるコミュニケーションもとることができる。

またボットとアドイン機能も大幅に拡張され、検索やチャット、情報の共有がシームレスに行えるようになった。「Find」タブのパネルからWeb検索を実行したり、「GIPHY」でGIF画像を検索して引き出したりすることができるほか、「Scoop」による最新ニュースの参照、「StubHub」ボットや「Expedia」ボットによるチケット価格のチェック、「BigOven」アドインでの料理レシピ参照なども行える。

今後、Microsoftの人工知能アシスタントである「Cortana」との会話をコミュニケーションのサポートに利用することもできるようになるという。アプリ内で利用できるサードパーティサービスなどは、さらに拡充されていく見込みで、情報共有を含めたコミュニケーションが、シームレスに、多彩なサービスを活用しながら行える仕組みとして整備された。

Facebook MessengerやSnapchatなどの人気サービスも強く意識した多数の新機能搭載と、新たなUI採用で生まれ変わった新時代の「Skype」にあらためて注目が集まる。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

Skype 公式ブログ 該当発表記事(プレスリリース)
https://blogs.skype.com/

提供元: ネットベンチャーニュース