スマホニュース

誰でも簡単にトーク番組を配信できる!「Radiotalk」iOS版リリース

2017年08月25日

β版提供がAndroidに続きiOSでも
エキサイト株式会社は24日、誰でも簡単にラジオトーク番組を収録・配信したり聴取したりすることができる新サービス「Radiotalk(β版)」のiOS向けアプリを同日より提供開始したことを発表した。同じβ版のAndroid向けアプリはすでに8月9日にリリースされている。App Store、Google Playより無償で入手できる。対応OSは、iOS 8.0以降/Android 4.1以上。

「Radiotalk」は、誰もが自由にスピーカーとなって、ワンタップでオリジナルのトークを収録、自分だけの番組配信を行えるもの。リスナーユーザーは、気になるトークコンテンツを見つけて聴取できる。歩きながら、家事をしながらなど、ちょっとした隙間時間に楽しめるほか、他のアプリを使用しながら聴くことも可能だ。

テキストや画像ベースで、視覚を使って情報を得たり楽しんだりするメディアとは異なり、音声のみで入力、楽しむ際もスマートフォンを手放した状態でもOKな、新しい音声×CGMサービスになるとしている。

あなたも今日からパーソナリティに!
「Radiotalk(β版)」では、1アカウントにつき1つのオリジナル「番組」を作って保有でき、自分の「番組」からは「トーク」をいつでも自由に収録、上限なく配信していける。ただし1つの「トーク」は12分までだ。

「番組」については、番組タイトルや内容を簡単に紹介した説明文、イメージを伝えるジャケット写真を登録し、リスナーにアピールできる。「プロフィール」機能で、配信者であるパーソナリティがどんな人物なのか、情報を公開することで興味関心をもってもらうこともできる。

アプリの「ホーム」では、配信されてくるさまざまなユーザーの「トーク」と「番組」を人気順や新着順でチェックでき、その中から気になるものをチョイスすれば、すぐに聴いてみることができる。次回も聴取したいと感じた「番組」や、後でじっくり聴きたい「トーク」などを、まとめて「お気に入り」登録しておくこともできるため、これを活用すれば、希望のコンテンツへのアクセスがショートカットで可能となる。

先行してリリースされたAndroid向けアプリでは、すでに多くの個性豊かな番組が誕生しており、スピーカーは平均毎日1本以上の「トーク」を配信、手軽に、アクティブに利用されているという。

趣味や特技を活かしたトークを提供したり、こんな番組があればと思うものをカタチにしたり、手軽にクリエイティブな配信が行えるほか、自由なスタイルでCGMを楽しむこともできる。関心のある人は、一度チェックしてみては。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

エキサイト株式会社 ニュースリリース(プレスリリース)
https://corp.excite.co.jp/press/radiotalkios20170824/

App Store 「Radiotalk(β版)」
https://itunes.apple.com/

Google Play 「Radiotalk(β版)」
https://play.google.com/

提供元: ネットベンチャーニュース