スマホニュース

ホームステージング・ジャパン、360度空間3D VR撮影サービスを一般提供

2017年09月24日

4K対応高画質で空間をつなぎ目なく再現!
株式会社ホームステージング・ジャパンは21日、内部空間を4K対応の高画質で360度3D撮影を行い、Webサイトやスマートフォン、VRゴーグルなどを介して、バーチャルツアー体験を提供できるサービス「Matterport 3D Spaces」の一般提供を開始したことを明らかにした。

ホームステージング・ジャパンは、売却予定の物件に家具や小物を用いたインテリアコーディネートを加え、モデルルームのようにデザイン、より魅力的にみせることで購入検討者へアピールし、売却を円滑に促す“ホームステージング”サービスを、日本国内の先駆者として提供してきた企業。

こうしたホームステージング実施物件におけるオプションサービスとして360度3D-VR撮影を行い、幅広い人々にバーチャルな物件内覧を、満足のいくまで自由に体験してもらえるようにしてきた。

近年、VR技術の向上に伴い、同業種の不動産関連領域だけでなく、さまざまな分野でバーチャルツアーなどへのニーズが高まっていることを受け、自社で培ってきたノウハウをサービス化、国内初のものとして一般提供を開始することを決めたという。同社では、旅館や店舗、オフィス、結婚式場、公共施設、各種イベント会場やアミューズメント施設などでの活用を想定している。

臨場感あふれる最新バーチャルツアー体験を手軽に実現
サービスは、米Matterport社の撮影機材を輸入して提供、単なるパノラマ画像のつなぎ合わせではない、継ぎ目や歪みなど不自然な部分が消えた、高画質・高精細の360度3Dバーチャルツアーコンテンツを撮影・作成することができる。

360度撮影を実行すると、同時に3Dスキャンが行える特殊な撮影機材を用いるため、平面的な画像情報を組み合わせたものではなく、3Dモデルとして立体的に描画される仕様となり、撮影空間の全体を立体的・俯瞰的に表現する「ドールハウスビュー」も見ることが可能だ。

コンテンツのウォークスルー画面内に映る壁面や空間には、文字やURLリンク、画像、動画など、任意のコンテンツを埋め込むこともできる。施設の内部を自由に見て体験するだけでなく、紹介したいポイント、おすすめポイントに補足情報を付けられるため、より深い理解の促進と豊かな表現、情報提供が可能になる。

完成したコンテンツは、Webブラウザやスマートフォン画面から視聴・閲覧することができるほか、iPhone、Android、OculusなどのVRゴーグルでも見ることができ、VRゴーグルを用いると、より高い没入感を味わえるようになる。

料金は撮影から編集、納品までセットになったパッケージサービスで、1物件あたり3.5万円から。撮影面積により異なるほか、別途交通費が請求されるが、リーズナブルに本格的なオリジナルの3Dコンテンツを取得できる。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

株式会社ホームステージング・ジャパンによるプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/000000001.000028095.html

「Matterport 3D Spaces」
http://hsj-vr.com/

提供元: ネットベンチャーニュース