スマホニュース

「第14回 日本e-Learning大賞 語学アプリ特別部門賞」を受賞 『とにかくひとこと英語応対講座-宿泊コース-』発売! ~ホテルや旅館のインバウンド対策に!宿泊業界特化eラーニング英語教材~

2017年11月13日

教育出版の株式会社旺文社(東京都新宿区、代表取締役社長 生駒大壱)は、宿泊業界に特化した法人向けeラーニング教材『とにかくひとこと英語応対講座-宿泊コース-』を、11月13日より発売いたします。
旺文社では、訪日外国人に応対する機会の多い事業者へ向けて、業種や業界に特化した語学教育を提案しております。本講座は、宿泊業界に対応した学習内容を、動画と音声認識エンジンを使い、 実地研修さながらにトレーニングできる新教材です。旺文社の語学eラーニングブランド「ココマナ」※1の第4弾となります。

政府は2020年までに訪日外国人旅行者数を4,000万人とすることを目標としており、接客現場に英語力を求める声はますます高まっています。そうした背景を受け、旺文社は、接客現場で必要とされる英語力を測る「英語応対能力検定」※2の業種別試験それぞれに対応したeラーニング教材『とにかくひとこと英語応対講座』を発売しております。「宿泊コース」は、「販売コース」(本年4月発売)、「飲食コース」(同6月発売)、「鉄道コース」(同9月発売)に続くシリーズ第4弾です。ホテルや旅館など、宿泊サービスの現場で働く方々が対象です。


■本製品の特長
1 「聞く」「話す」音声学習を重視 ― 口まねでOK。宿泊現場の頻出トークを繰り返すことで身につける
2 多忙な接客業の方でも学習しやすい ― 各パート約5分、1日約25分のカリキュラムをスマホでいつでも学習
3 外国人への接客がイメージできる ― 動画クイズと発音採点で、なりきり発話トレーニング
4 個別対応レッスンで確実に身につく ― 弱点に応じて出題内容が変化するアダプティブラーニングシステム
5 適切なゴールでモチベーションアップ ― 「英語応対能力検定」模試収録で検定受験を見据えた学習も
6 受講者の状況をいつでも把握できる ― 法人担当者が受講者の成績や進捗を確認できる便利な管理機能付

■教材概要
名称 : 法人向けeラーニング教材『とにかくひとこと英語応対講座-宿泊コース-』
発売時期 : 2017年11月13日
URL : 旺文社の語学ラーニングポート「ココマナ」( https://cocomana.net
基本価格 : 11,000円(税別)/人 ※初期設定費用:30,000円(税別)/社
企画/発売 : 旺文社
環境 : マルチデバイス対応(スマホ、タブレット、PC(Windows))
iOS 9.0以上/Android 5.1以上/最新のGoogle Chrome
学習期間 : 最短2ヶ月・標準4ヶ月(サポート期間12ヶ月)
収録コンテンツ : 旺文社刊行『とにかくひとこと接客英会話 宿泊編』
学習フレーズ:38場面×3レベル / 宿泊専門単語を含む最大約470語

■関連した展開について
※1) 語学ラーニングポート「ココマナ」の展開
「ココマナ」は『とにかくひとこと英語応対講座』とともにリリースした、旺文社の社会人向け語学eラーニングブランドです。忙しい社会人が語学学習への一歩を踏み出し、いつでも戻ってこられる港(ポート)のような学習サービスを目指します。
今後、順次『とにかくひとこと英語応対講座』のコース拡充を行うほか、TOEICや他言語の教材も発売予定です。

・iOSは、Cisco の米国およびその他の国における商標または登録商標であり、ライセンスに基づき使用されています。
・Android、Google Chromeは、Google Inc. の商標または登録商標です。
・Windows は米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。

※2) 「英語応対能力検定」との連携
「英語応対能力検定」は、接客現場に必要な英語力を業種別にはかる、6種類(販売、飲食、宿泊、鉄道、タクシー、一般)の英語検定です。難しい単語や長い文章、正確な発音を問うものではなく、外国人客の問いかけに対して適切な英語表現ができるか評価し、「聞く」「話す」に焦点をあてています。
『とにかくひとこと英語応対講座』は、検定公認教材です。接客英語における適切なゴール設定のひとつとして検定受験と組み合わせた学習を提案しています。




【会社概要】 
社名:株式会社 旺文社
本社:〒162-8680 東京都新宿区横寺町55
設立:1931年10月1日
TEL:03-3266-6400
代表者:代表取締役社長 生駒 大壱
URL:https://www.obunsha.co.jp/
事業内容:教育・情報をメインとした総合出版と事業

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社旺文社 広報担当
TEL:03-3266-6400 
FAX:03-3266-6849 
E-mail:pr@obunsha.co.jp


提供元: ネットベンチャーニュース