サービス終了のお知らせ
2011年から提供を開始致しました、当サービス「Ketchapp!(ケチャップ)」は、
誠に勝手ながら、2018年1月25日 15:00 を持ちましてサービス終了することとなりました。
これまでKetchapp!をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございました。

スマホニュース

イラストCtoCマーケット「SKIMA」会員2.5万人突破

2017年12月20日

イラストCtoCマーケット「SKIMA」会員2.5万人突破
~日本でコミッションするなら SKIMA~




スマートフォンWEB・アプリを手掛ける株式会社ビジュアルワークス(本社:東京都豊島区、代表取締役:落水恒一郎)は、デザイン・イラストのオーダーメイドマーケット「SKIMA(スキマ)」(http://skima.jp/)の会員数が2万5000人を突破したことを発表した。


■SKIMAとは
「SKIMA」は個人が自分のデザインやイラストのスキルを発表し、その技術を必要とする人に提供できるイラストのCtoCマーケットプレイスです。
お金のやりとりはSKIMAが仲介するため、未払いや未納品などのトラブルを減らし、安心してご利用いただくことができます。

■2017年12月に会員数2.5万人突破
2015年8月のアプリ版オープン当初は「なんのサービスかわからない」「アプリだと仕事がしづらい」など多数のご指摘を頂きました。2016年3月にWeb版(PC、スマホ)をリリース、2017年1月に会員数が1万人を突破しました。そして2017年12月に会員数が2.5万人を突破致しました。会員数増加に伴って累計出品数、取引数に関しても順調に推移しております。

■SKIMAを利用して今まで買いづらかったものを買ってる
特に人気のあるスキルは「SNSのアイコンを描きます」というもの。イラストのアイコンはよく見かけますが、「欲しいけど描けない」という方が意外に多くいらっしゃいます。今まではSNSなどを通じてイラストをリクエストする文化がありましたが無償提供が多く、描く側も描いてもらう側もなあなあになりがちでした。SKIMAでは有償リクエスト(コミッション)を前提としているため、クリエイターが対価を得るとともに責任をもって作業できる環境を作っています。
その他にも自分の書いた小説の表紙や挿絵を描いてもらったり、理想のイケメンキャラを描いてもらっている方もいます。最近では企業からの依頼も少しずつ増えてきています。

■SKIMAの今後
日本でコミッション文化を広め、個人がクリエイターに対して気軽に安心してイラストを依頼できる環境を作っていき、コミッションするならSKIMAと言われる存在を目指していきます。
また、イラスト以外のクリエイターの方々にも選ばれるサービスになるように発展を進めていきます。





サービス名:SKIMA(スキマ)
URL:http://skima.jp/
App Store:https://itunes.apple.com/jp/app/id996833072?mt=8
Google Play:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.visualworks.skima

【会社概要】
社名  株式会社ビジュアルワークス
所在地  東京都豊島区西池袋1-22-8池袋千歳ビル7F
代表者  落水 恒一郎
事業内容 モバイル公式コンテンツ企画運営/WEBコンテンツ運営

【サービスに関するお問い合せ先】
担当:野澤(株式会社ビジュアルワークス)、TEL:03-5911-7316、Mail:info@skima.jp







提供元: ネットベンチャーニュース