サービス終了のお知らせ
2011年から提供を開始致しました、当サービス「Ketchapp!(ケチャップ)」は、
誠に勝手ながら、2018年1月25日 15:00 を持ちましてサービス終了することとなりました。
これまでKetchapp!をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございました。

プレスリリース

TechShare, DOBOT Rigiet国内販売開始のお知らせ

2017年12月12日

今回、国内販売を開始するDOBOT Rigietは、DOBOT MagicianやDOBOT M1などのロボットアームを開発するShenzhen Yuejiang Technology Co. Ltd(以下、Yuejiang Technology社)が開発したスマートフォン用のスタビライザーです。Yuejiang Technology社がロボット開発で培った高精度モータの技術を応用したフレキシブルで複雑な動作に対応できるスタビライザーです。


販売価格:オープン価格

※2017年12月末まで「DOBOT Rigiet国内販売開始記念キャンペーン」として、特別価格¥29,800(税抜)で
 当社Webストアで販売しております。

【DOBOT Rigietの主なスペック】
□ 重量:430g(本体)+50g(バッテリー)=480g
□ サイズ:高288x幅120x厚35mm
□ ジンバル可動範囲(Pan):300°
□ ジンバル可動範囲(Roll):270°
□ ジンバル可動範囲(Tilt):300°
□ スタビライザー精度:±0.01°
□ バッテリー容量:3340mAh
□ バッテリー電圧:3.7V
□ バッテリー駆動時間(動的安定化時):3h
□ 搭載可能スマートフォンサイズ
 ー 重量:100g~230g
 ー 幅:56mm~85mm
 ー 厚み:8mmまで
□ 主な対応スマートフォン
 ー iPhone:6/6s/6s Plus/7/7 Plus
 ー Huawei:P10/P10 Plus/Nova2/Nova2 Plus/mate9/Honor V9/Honor 9/Honor 8 Youth Version
 ー OPPO:R11/R11 Plus/A57/R9s/R9s Plus/A59S
 ー vivo:X9/X9 Plus/X9s/X9s Plus/X play5/Y67
 ー MI:6/Note 2/MIX/5s Plus
 ー Meizu:PRO6/PRO6 Plus/PRO 6S/MX6/Noblue E2
 ー Samsung:GALAXY S8/S7/S7 Edge

【DOBOT Rigietの商品詳細及び購入窓口】
DOBOT Rigiet製品の詳細情報は、下記のURLでご確認いただけます。
http://www.physical-computing.jp/product/1350

 DOBOT Rigietは、産業用ロボットなども開発するYuejiang Technology社が自社のロボット技術を転用して、はじめてリリースした民生品の製品です。その特徴は、下記の通りです。

【主な特徴】

1)大きな可動範囲の高精度のジンバル
大きな可動範囲を確保した高精度の3軸ジンバルは、高い精度で移動するターゲットを確実に追尾します。
2)使いやすい独自設計のボタンパネル
  Rigietでは、人間工学に基づき独自設計されたボタンスイッチ搭載されています。直観的な操作ができるので撮影中の切り替えなども簡単に行うことができます。
3)大容量のバッテリー
スマートフォンにも給電できる大容量のバッテリー
3)AndroidとiOSに対応
AndroidとiOSに対応したいますので、ほとんどのスマートフォンで利用が可能です。
4)多彩な撮影機能
  タイムラプス撮影や多彩なフィルタも利用できるので、独創的な撮影が可能です。

TechShareでは、まずは、自社販売サイトのPhsycial Computing Labでの販売開始を皮切りに、今後、Amazon.co.jpやその他家電量販店などでの流通を順次すすめていく計画です。

また、開発元メーカーのYuejiang Technology社と協力して、日本メーカーのスマートフォン対応の拡充や技術サポート、製品保証の提供も含めて周辺サービスを拡大していく計画です。国内ユーザのサポート経験の蓄積を通して、日本語マニュアルの改善や日本のユーザの利用環境の改善など、より快適な利用環境の整備に貢献していく予定です。

Shenzhen Yuejiang Technology 社について
社名:Shenzhen Yuejiang Technology Co. Ltd
所在地:Shenzhen市、中国
設立:2015年

Shenzhen Yuejiang Technology社は、産業用ロボットアームソリューションのレベルアップと拡張アプリケーションの継続的な開発を目指して、中国のShenzhen市で2015年に設立されたベンチャー企業です。設立当初よりDobot1.0、第二世代のDOBOT Magicianをはじめとしたデスクトップの汎用ロボットアームを開発・製造している技術集団で、その主力製品のDOBOTは、KickStarterでも製造メーカー、研究機関、教育機関、個人と幅広いレンジのセクターから高い評価を受け、グローバル展開する急成長するロボットアームのベンチャー企業です。

Shenzhen Yuejiang Technology社ホームページ:http://dobot.cc/

TechShareについて
社名:TechShare株式会社
所在地:〒135-0016 東京都江東区東陽5丁目28-6 TSビル
設立:2012年1月
資本金:2,000万円
代表者:代表取締役 重光 貴明

TechShare株式会社は、シミュレーションソフトウェアとオープンソースハードウェアの販売及び関連製品の開発・販売と受託開発・技術研修などの技術サービスを提供する企業です。物理シミュレーションや振動解析等のソフトウェアの販売事業、Arduino、Raspberry Pi、BeagleBone、Tinker Board、LattePanda等のシングルボードコンピュータ、量産用カスタムボード、周辺機器等の販売事業を2つの事業の核として、周辺技術サービスを含めて自動車、建設機械他の民間企業、官公庁研究所、大学・高専等の教育機関向けを中心に事業展開しています。

オープンソースハードウエア事業関連サイト:http://www.physical-computing.jp/
TechShare公式サイト: http://www.techshare.co.jp/



提供元: ドリームニュース