スマホ特集

【Ketchapp!速報】iPhone4S発表!何が進化したのか?

どうも、Ketchapp!編集部スミスです。
10月4日(日本時間10月5日深夜)に、iPhoneの最新作「iPhone4S」がカリフォルニア州Apple本社で開催されたイベントでそのベールを脱ぎました。
見た目こそ「iPhone4」と全く変わりませんが、「iPhone4S」は何が進化したのか?
少しまとめてみましょう。





■進化1「早くなりました!」

iPhone4SではデュアルコアA5チップを搭載しており、従来の2倍の処理速度と7倍のグラフィックス処理機能を備えることになります。
当初iPhone5での搭載を噂されていたデュアルコアA5チップが搭載されたことで、性能的にはiPhone4を大きく上回ることになりそうです。


■進化2「アンテナ性能向上!」

今回のiPhone4Sの目玉の一つはアンテナ機能じゃないでしょうか?
iPhone4SではiPhone4の弱点だったアンテナの性能を大幅に改善、と言うより一新しました。

通信方式はGSMCDMAのデュアルバンドに対応し、下り最大14.4MbpsのHSDPAに対応したので、
早くて世界中で使える携帯電話になりました。
しかも、通信時に内蔵している2つのアンテナをiPhoneが勝手に使い分けて、速度向上を図るんだそうです。


■進化3「写真もきれいに!」

カメラ機能も強化されました。
8メガピクセルに向上したカメラ機能は、裏面照射型センサー搭載で、F値が2.4で開口部は大きくなりレンズ自体の性能も強化され、明るくシャープな写真撮影が期待できそうです。
更に1秒に2枚ペースでの連続撮影も可能らしい。


■進化4「フルハイビジョン動画!」

1080p/30fpsでのフルハイビジョン動画撮影にも対応しました。
動画撮影中にもフォーカスポイント変更できるらしいです、スムーズなピン送りが可能になると動画撮影の楽しみも増えるのですが、どうなるか楽しみです。


■進化5「音声認識がすごい!」

超未来的な音声認識が搭載されているようですが、残念ながら、英、仏、独語のみ対応となり、日本語は非対応だそうです。
たとえば「週末の天気は?」と話しかけると天気の情報を応えてくれる、
映画の様な機能との事で、早く日本語対応してほしいものです(買ったら拙い英語で試してみますが・・・)。


■進化6「キャリアが選べる!」

これは日本限定の話題ですが、今までソフトバンクの独占だった日本の志iPhone市場ですが、
今回のiPhone4Sからソフトバンクに加えauからも選択可能になりました。
ユーザーにとっては嬉しい変化ですね。



今回は速報としてiPhone4Sの特徴をまとめました、Ketchapp!編集部では10月12日のiOS公開、
更にはiPhone4S発売後の実機レポートまで、いち早くお届けする予定です。
続報を、ご期待ください。



関連記事 
2011年10月13日 iPhone 4S一転、最高の売れ行きに!NYでも入手困難で行列も
2011年10月5日  【速報】iPhone4S、市場に広がる失望

2011年10月5日  【速報】「iPhone4S」の新機能、音声認識の“Siri”とは? ツイートもほんとうに“つぶやく”だけでOK!?