スマホ特集

【Windows Phone IS12T実機レビュー】
触るとビックリ、ニュータイプのスマートフォン

この秋、日本のスマホ業界に大きな変革期が訪れている。
その最火中にいるのがauだろう、レディーガガのCM起用で話題になった、Android
先日発表されたiPhone4S、そして日本初上陸のWindows Phoneと注目の3OSを揃える
唯一のキャリアとなった。
今回は、そんな大注目のauのラインナップから今後の動向も気になる
「Windows Phone」の実機レビューをお送りします。


さて、私がこの「Windows Phone IS12T」を手に入れて数週間の感想を一言にまとめると、
更なる新感覚が味わえるスマートフォン」だということ。
Androidユーザーとしてスマホに触れてきた私には、正に新感覚体験だった。


新感覚のスマートフォンの理由としては、
百聞は一見に如かず、画面にアプリのアイコンが整列していない。
これが、他社のスマートフォンとも、PCとも大きく異なるポイントだ。
画面はフリック1つで、横にも縦にもスクロールし、しかもその操作感は驚くほどスムーズに動く。
例えるなら、エッジの効いた動きではなく、
ヌルッと、指先にまとわり付く感じ」と表現したほうが正しいだろう。


さらにこの端末はコミニュケーション機能が充実しているのも大きなポイント。
多様化するコミニュケーション手段を、連絡が取りあいたい相手ごとにまとめてシンプルに
使えるようにしたのは、Windows Phone IS12T
この端末はマイクロソフトが、電話=コミニュケーションの道具として、
使いやすさと動作」にこだわりを持った端末だ。
スマートフォンブームに乗り遅れた人も、スマホ所有者も納得できる新しいOSは、
初心者でもケータイ感覚で使いこなせる操作性は魅力的。
今が、ガラケーから乗り換えるチャンスかも知れない。

筐体ボタン

筐体ボタン
左に戻るボタン、中心にスタート画面を表示するボタン、
右に「Bing」を呼び出せる検索ボタンを配置。戻るボタンは、押し続ける事でスタート画面に戻る。

電話をかける

電話をかける
「Peopleハブ」で相手を選ぶか、スタート画面から電話をタップし、履歴からまたはキーパッドを開く。
キーパッドは数字だけとシンプルだが、「発信」ボタンがやや小さい。

文字入力

キーボードやテンキー入力のほか、フリック入力を進化させてた独自の「カーブフリック」入力を採用。
フリックから濁点をつけるところまで1つの動作で入力可能。

タスクの切り替えと通知

「戻る」ボタンを長押しすると「タスクスイッチャー」という機能が起動。
起動中のアプリを、実際の画面をみながら、切り替えることができる。
タスクの切り替えと通知

マーケット

スタート画面からアクセスできる「Marketplace」からダウンロード&インストールできる。
日本からの利用できるアプリ数は、iPhone、Android、の数には遠く及ばないが、今後の増加に期待を込めたい。
マーケット

Windows Phone の魅力的要素、People ハブ

「タイル」と呼ばれるボタンが並ぶスタート画面と、画面が横につながっていて、
できる事が見渡せるパノラマ状の「ハブ」と呼ばれる画面が特徴。
ポンポン、タップ&フリックできるよう工夫されている。
Windows Phone の魅力的要素、People ハブWindows Phone の魅力的要素、People ハブ
【トップ画面からのタイル画面】


「SNSを使っている人ならきっと経験があると思うが、どのツールを使ってメールを利用したか?
忘れてしまったり、探すのに苦労したり・・・ 多くの人は、こんな経験をしたのでは?
Peopleハブは、電話もメールもSNSも、その人との連絡手段を1つの画面に整理して表示してくれる。
Peple すべPeople新着
【Peple すべて  People新着】

SNSへの書き込みがまとめてできる

自分の顔をタップすると Twitter やFacebook など、
アカウント登録したSNSの新着情報をまとめてチェックできる。
個別のアプリをいちいち起動する事無く、最新情報をいつでも見ることができる。
SNSへの書き込みがまとめてできる

カテゴリー別に新着、流行アプリが1目でわかる

今後の成長が予測できる Marketplace
現在、数千本のアプリが利用可能!
まだまだ、App store 42万本やAndroid Marketの25万本という数字には及ばないものの、
新作アプリが続々リリースされ、急成長中のマーケットでもある。
カテゴリー別に新着、流行アプリが1目でわかるカテゴリー別に新着、流行アプリが1目でわかる


独特のUIとその軽快さ、そして、あっと驚く「Office」。職場で作ったファイルも、
電車の中やベットの中で修正できる頼もしさ。
使い出したら止まらない、楽しいスマホはwindows phoneで決まりだ!

端末情報

メーカー 富士通東芝モバイルコミニュケーションズ
キャリア au
規格サイズ 高さ約118×幅59×厚さ10.6mm
重量 約113g
OS Windows Phone 7.5
CPU Snapdragon MSM8655 (1GHz)
内臓メモリー 32GB
外部メモリ ×
ディスプレイ 約3.7インチTFT
カメラ 1320万画素CMOS
音声通話 CDMA
グロバールパスポートGSM&CDMA対応
データ通信 WIN HIGH SPEED (CDMA2000 1xEV-DO MC-Rev.A)
無線LAN (IEEE 802.11b/g/n)
Bluetooth 対応
赤外線通信 ×
FeliCa ×
ラジオ受信 FM対応
ワンセグ ×
緊急地震速報 対応
防水・防塵 IPX5/IPX8等級の防水機能およびIP5Xの防塵機能に対応
日本語入力 Microsoft IMEfor Windows Phone 7.5(カーブフリック入力対応)
連続待受 約280時間(国内使用時)
通話時間 400分(国内使用時)
価格 オープン価格