Ketchapp!スタッフブログ > 雑記 > 下町ロケットの佃製作所を見習って心臓弁を作ろうと思います。

下町ロケットの佃製作所を見習って心臓弁を作ろうと思います。


ごきげんよう。広報雑記担当、Kです。
テレビドラマ「下町ロケット」を毎週かかさず見ていました。。
そのドラマのなかでガウディ計画の話がとても面白く好きでした。
今回はもし僕が心臓弁を作るならという想定で
妄想してみようと思います。

さてドラマの中で、「Pmea」という名前で
出てきている医療機器の審査組織がありました。
実は、名前が少し違いますが実在の組織です。

本当の名称は、「Pmda」です。

Pharmaceutical and Medical Devices Agency
独立行政法人 医薬品医療機器総合機構
心臓弁などの医療機器については
厚生労働省からの出向の審査担当がおり、

それ以外に、医師、歯科医、獣医、理学、農学、
薬学、工学、などの専門家で、約100名で担当しているそうです。
組織の名前や審査体制などはどうでもよいのですが、問題は臨床試験。
臨床試験は数年の月日がかかります。
もし僕が心臓弁を作るなら・・・
数年の月日を持ちこたえる貯金を頑張って貯めなければなりません
僕の今の貯金の残高は?
内緒です。
それではまたお会いする日まで

カテゴリー: 雑記  

この投稿へのトラックバックURL

コメントは受け付けていません。