とりセツ

とりセツバナータイトル

【phantomofkill】第7回 ターンバトルシステム~2

今回は前回に続きこのアプリ特有のターンバトルを有利に戦う方法をご案内します。

回復ジョブによるライフポイントの回復

 自軍の攻撃のターンでは一通り自軍のユニットを操作して攻撃操作を行うのですが、
 回復能力を持つキャラクターを使ってライフポイントが少なくなったユニットの
 ライフポイント(HP)を回復させることもできます。
ファントムオブキル
 その方法はを敵の攻撃と同様に味方のユニットに隣接する升に
 移動して赤色ではなく黄みどり色のターゲットマークで捕捉してから
 タップして回復操作を行います。
 この操作による回復操作はジョブがビショップ等の
 回復能力を有するユニットだけが可能です。

支給品の使用

ファントムオブキル
【注意!!支給品はいつでも使えません】

 支給品は劣勢のバトルを有利に導く効果がありますが
 使用できるタイミングはターンが回ってきた直後の最初の
 操作時だけに限られています。

 このタイミングを外すと自分のターンの攻撃が終って次の敵の攻撃を
 凌いだ後のターンまで待たなければ支給品の使用ができません。

 自分のターンが来たからと焦ってユニットの操作を行うと忘れがちな操作です。

ターンの自動進行

 すべてのユニットの操作を一通り終えたら自動的に
 ターンは敵側に移行し、敵の攻撃操作は自動的に行われます。

 その間は自軍のユニットが攻撃を受ける状況を観察するしかありません
(ユニットが攻撃を受けた時の反撃は自動的に行なっています)
 敵のターンのユニットの行動がすべて終了するのを待つだけです。

バトルを有利に戦う


3竦みのルールと飛ぶ敵には強力なアーチャー


 ユニットの使う武具によっては
 ユニット間の強弱に3竦みのルールが設定されています。
 状況によって出撃ユニットの編成をかえるのも一つの作戦です。

 ・剣は斧に強い
 ・斧は槍に強い
 ・槍は剣に強い

弓を使うユニットの攻撃は飛翔している相手に強烈な被害を与えます。
この関係は自分の飛翔ユニットが攻撃されたときも同様です。
敵方のアーチャーやボウナイトには注意しましょう。

 

デユアルサポート効果


ファントムオブキル
 味方のユニット同志が隣接している状態で戦うと
 バトルに関するステータス値が上乗せされて
 攻守ともに高い戦闘能力が発揮されます。

 圧倒的多数の敵と戦う時はチームが分散して各ユニットが
 敵に囲まれた状態で孤立しないように
 小さくまとめて戦う方が有利です。

地形効果の利用


ユニットを配置する場所により攻撃が命中する確率と
被害程度を低下させる効果を得られます。

こういった情報は妖精のデユリンがクエストの合間に教えてくれます。

危険領域の表示


ファントムオブキル
バトル画面で画面左下の「危険エリア」をタップすると、
敵のターンで攻撃を直接受ける可能性のある危険領域が
赤い枠線で表示されるのでてとても便利です。

特に回復ジョブを受け持つユニットは攻撃力も防御力も弱いので
うっかり敵の攻撃に晒すとあっさりHPを失い離脱してしまいます。
回復ジョブを失ったチームは支給品以外の方法でバトルによる
被害を回復できなくなるため粘り強いバトルが出来なくなってしまいます。

ターンを終る直前に確実に保護したいユニットは危険エリアにおいたままで
ターンを終了しない様にします。

ただし攻撃を受けている最中に自軍のユニットの防御壁がやぶられたら
安全領域への侵入を許してしまうので注意しましょう。
 

次回は 「武具の種類とユニットヘの装着」について詳しく説明します。



phantomofkill使い方のとりセツ!一覧

vol.1 概要編:ゲームの目的
vol.2 概要編:ゲームの進め方
vol.3 クエスト選択ダイヤル
vol.4  バトル:各種ステータス
vol.5 バトル操作手順:さあ出撃だ!
vol.6 ターンバトルシステム~1
vol.7 ターンバトルシステム~2
vol.8 武具の種類とユニットヘの装着
vol.9 ファントムオブキル:フレンド
vol.10 チーム編成
vol.11 キラーズの育成


とりセツ!アプリ 一覧

とりセツ!の更新をRSSでチェック! とりセツ!RSS配信はこちらから