とりセツ

とりセツバナータイトル

【sangoku】第16回 空の城ばかり

・我が領地内に勢力を広げて来た「奈」軍

「奈」軍には抵抗のしようがないきっと負ける。
せっかくここまで生き延びたのが前回までのお話、
なのに即滅亡なんてくやしいわけで

残る手はわが軍の勢力を一気に「奈」軍にぶつけて
生き残るか滅亡か?の掛けの勝負を行う捨て身の戦術です。

その後は今や全マップの60%までも勢力を保有している「ラ」軍と
「奈」軍の2大勢力の決着に任せるだけです。

わが軍最強のメンバーで編成した第一軍を編成して
いざ「奈」軍の戦線に特攻出陣。

・意外!空の城ばかりの「奈」軍


て?意外に最前戦の城中は守備の構えが全くなし、武将の配置が無く
城には予備役兵だけ。
攻城は全く簡単で城はすぐに落ちてしまいます。

さらに戦線の内側に入ってもどのお城も同様です。
「奈」軍の武将が蒸発したようにみえません
お米がもったいないけど虱潰しで偵察して武将の居所を
探します、どこにもいないし見えない。

武将に予備役兵を割り当てずに置くと偵察では見えなくなってしまうのです。

それまでその仕様を知らなかった素人な私は武将の見えないことをいいことに
わが軍は怖いもの知らず。

そのうち出てくると、どんどん「奈」軍のお城を所かまわず落として、
最後に予備役兵が7万残ってる中央の城に攻勢をかけます。

城のレベルを上げているので予備役兵だけでも数があればなかなか
頑強な抵抗にあいます。

2度3度と繰り返し少しずつ予備役兵を減らし残り8千、
最後の攻撃に入った時、突然埋伏していた武将が現れました。

・ついに出て来た「奈」軍しかし・・

なるほどそういう事か結局最後にのこっていた本城が落ちれば
「奈」軍はまさかの滅亡です。
いままで武将を配置しなかった理由はわかりません
一発逆転をするタイミングを狙っていたのでしょうか?
そうして勝つときっと爽快なのでしょうが。

そんなことを画策していたのか、それとも全く気付くことなく
いままで放置していたのかわかりません。

とにかく時すでに遅し、削られた後の予備役兵数の不足は
いくら武将が強力でもそのハンデを覆すことは難しいのです。

武将に配置可能な全数が割り当てられれば当然強力無比な
軍ですが予備役兵が少ないと本領が発揮できません。

一度は撃退できてもてこずる間にやはり予備役兵が減る事実は
さけられません。

周辺の城はすべてわが軍のものになっています。
「奈」軍は計略以外からの補給は一切できません、
わが軍は間をあけず力押しを繰り返します。

ひたすら物量で勝負、中途半端に出兵を惜しんだりせずに
常に最強の武将に予備役兵をフル充填状態で出陣を繰り返します。
流石にさいごは息切れして米不足で出陣できず、
ふたたび膠着状態に入ってしまいました。

さて最後のとどめは「ラ」軍に今やらなきゃ誰がやる
あなたがせずに「奈」軍が復活したら統一は夢でおわってしまうと連絡

様子を見ながら周辺の雑軍を掃除していた「ラ」軍は
おもむろに中央に割り込んできて「奈」軍に最後の攻撃をして撃破
「奈」軍の敗残武将はわが軍の領地内に食い込んでいた最後の城
予備役兵数500の小城に移ります。
(仕様とはいえ、しつこい)

ここで「ラ」軍も米切れ立往生、時刻は24:15協定休戦時間1:00~9;00の直前
食糧生産を待ってぎりぎりで間に合った我が軍は最後の攻撃を仕掛けて
「奈」軍は本当に滅亡。

・統一の完成

この後「ラ」軍と我が軍は正式に同盟を宣言して全土統一を果たしました。
大逆転劇の話はこれでおしまいです。

布陣や戦略の失敗による意外な展開が楽しいストラテジーゲームですが ぎりぎりの負け局面では誰でも課金で解決したくなるアプリですので
「課金縛り」の意思をしっかり固めてお楽しみください。

本当の敵は課金衝動です。


ダウンロードリンクは次の通りです。


sangoku使い方のとりセツ!一覧

vol.1 開戦準備
vol.2 戦略資源の自給生産
vol.3 出陣
vol.4 武将のレアリティ
vol.5 武力のデザインで勝負
vol.6 銅銭と課金の話題
vol.7 武将を強くする
vol.8 武力のデザインで勝負 其の二 
vol.9 ピンポイント攻撃
vol.10 無課金主義者のボヤキ
vol.11 守城の領主の戦略と戦術
vol.12 無課金お試し戦乱記
vol.13 無課金者の成り上がり戦乱記
vol.14 実力無き成り上がりものが選ぶ戦略
vol.15 滅亡の前にひとつだけ
vol.16 空の城ばかり
vol.17 無課金軍の成した単独天下統一の県長戦攻略
vol.18 攻略は進化とスキルの組み合わせで


とりセツ!アプリ 一覧

とりセツ!の更新をRSSでチェック! とりセツ!RSS配信はこちらから