とりセツ

とりセツバナータイトル

【sangoku】第3回 出陣

攻城時に考える事

・攻城の出陣に必要な資源

 隣国に攻めるためには配置した武将の率いる予備役兵と
 さらにその予備役兵の10倍食糧が必要です。

・深夜攻城の食糧5倍ルール

 日本のユーザーが深夜1:00~翌9:00の間に出陣すると
 この値がさらに5倍、つまり50倍になります。

 就寝時間は暗黙の休戦協定を推奨しています。
 しかしそれでも出陣して夜襲するユーザーは稀にいます。
 外国のユーザーはその時間が違うからかもしれません
 その辺の詳しいルールは分かっていません、
 いずれにしても休戦時の対策も戦略の内です。

・出陣の操作


 戦区マップから・・・
 出陣する城>部隊
 出陣させる武将の予備役兵の充足を確認。
 >出陣>攻城する対象を選択。
 >出陣する武将を選ぶ、いつも6人である必要はない。
 この画面で前衛後衛の配置選択もできます。
 >消費食糧と目標の城を最終確認して出陣する。

【出陣準備画面】

・前衛と後衛配置

 前衛には武力が高い武将を配置して
 後衛は計略、回復のスキルを持つ武将がいいでしょう。

・出征の途中で兵力の変更や増員はできません。

 出陣で指定した武将6名とその配下の予備役兵だけで勝敗が着くまで戦います。
 途中で補充や増強はできません。

・攻城の移動時間が15分必要。

 出陣から実際に攻城が始まるまでに15分の時間が経過します。
 その間に攻められる側は防戦準備ができるので 大抵の場合
 事前の出陣前に偵察した以上の防衛軍が待ち受けています。

 逆に守城側は予備役兵をそこに集めて防衛体制を整えるわけですが、
 予備役兵の領地内移動は隣の城で3分かかります。
 移動の為の食糧も隣接するお城間で人数の2倍の量が必要です。

 武将の移動は一旦配下の予備役兵を解散すれば、
 どこの城からでも予備役兵を割り当てられるので
 一瞬でそこに所属変更ができます。
 強力な武将をそろえて迎え撃ちましょう。

・戦闘は自動的に進行

 戦いは交互に攻撃を繰り返すターン制でどちらかの
 予備役兵力数が0になるまで自動的に進行します。
 状況はその場で観戦できますが結果を確認するのみ。

・攻城の動画記録

 攻城の戦闘状況は動画として記録されていますので
 後からでも戦区マップ画面右上の戦報のリストから確認できます。
 アプリ内のチャットでもシエアできるのでユーザー仲間の情報交換にも
 使っているようです。

・攻撃手段

 攻撃の手段には物理的な武力攻撃と
 計略による計略攻撃の2種類があります。

・戦闘の為に最適な武将の組み合わせ

 武将のスキルには攻撃計略や回復スキルもありますがそれらの攻撃手段の
 発現と頻度は武将のスキルと出陣した組み合わせの相性に依存します。
 武将同志の相性は三国志ファンならばなんとなくご存じでしょう。
 武将の属性画面スキルタブで確認できます

・戦いに負けたら

 攻城に失敗した(=負けた)場合は武将だけが出陣した自分の領地にもどります。
 武将は戦いに負けても減ったり捕虜になることはありません。
 負けたからといって首を刎ねられる心配はありません。
 結果、予備役兵力と出陣時の食糧が無駄に減ったことになります。

・ほぼ同時に二つの軍を出したら?

 先に到着した軍が戦い、後続の軍はその戦いの最中に到着した場合
 後続の出陣がキャンセルされてしまいます。

 たぶん食糧は無駄に消費されているでしょう。
 先行の軍が負けてしまった後にタイミングよく到着したら
 そこで戦闘が始まります。
 敵も疲弊しているので攻撃の最高のチャンスですが、
 このオペレーションはタイミングを合わせるのが難しく困難な作戦です。
 私は成功した事がありません。



ダウンロードリンクは次の通りです。


sangoku使い方のとりセツ!一覧

vol.1 開戦準備
vol.2 戦略資源の自給生産
vol.3 出陣
vol.4 武将のレアリティ
vol.5 武力のデザインで勝負
vol.6 銅銭と課金の話題
vol.7 武将を強くする
vol.8 武力のデザインで勝負 其の二 
vol.9 ピンポイント攻撃
vol.10 無課金主義者のボヤキ
vol.11 守城の領主の戦略と戦術
vol.12 無課金お試し戦乱記
vol.13 無課金者の成り上がり戦乱記
vol.14 実力無き成り上がりものが選ぶ戦略
vol.15 滅亡の前にひとつだけ
vol.16 空の城ばかり
vol.17 無課金軍の成した単独天下統一の県長戦攻略
vol.18 攻略は進化とスキルの組み合わせで
vol.19 戦略資源、物量で戦に勝利する


とりセツ!アプリ 一覧

とりセツ!の更新をRSSでチェック! とりセツ!RSS配信はこちらから