スマートフォン用語集

輝度センサー(きどsensor)

輝度センサー(きどsensor)とは、白熱電球や蛍光灯・太陽光といった各種発光源の明るさを検出する光センサーのことで、「照度センサー」ともいわれている。
環境光センサーとも呼ばれるこの装置により、端末の周囲の明るさを検知し、その情報を画面の輝度調整などに役立てるというものだ。
バッテリーの保ちが重要な意味を持つ携帯電話/スマートフォンにとっては、重要なセンサーである。